LSI、FPGAに精通した回路設計のMGIC(エムジック)

EETL

「実験室」の流れ

【1】実験室では電気電子実験に不可欠の測定器をまず組み立てます。

  • 信号発生器、電圧計を組立てます。組立て手順はテキスト第一部に詳しく説明してあります。
  • オシロスコープを組立てます。

EETL組立図

【2】組み立てた計測器と電源、ブレッドボードを接続し、動作試験を行います

計測器が正しく動作しているかの確認とともに、機材の使用法を習得します。

【3】テキスト第2部~第5部では電気・電子実験テーマを約30項目紹介しています。

各項目について、ブレッドボードへの組み立て図、回路図、信号波形などを
用いて丁寧に説明しています。

naiyou2

テキストについて

text_banner

電気・電子実験室のテキストはバナーをクリックするとご覧いただけます。

新聞掲載記事

newspaper20120912_banner

newspaper20121025_banner

EETL 電気・電子実験室(半田付け不要)

企画/開発:㈱システムLSIセンター
製造/販売:㈱MGIC(エムジック)a

担当者より、ご連絡させていただきます。

PAGETOP