LSI、FPGAに精通した回路設計のMGIC(エムジック)

FPGA受託開発

開発の流れ受託開発実績

開発の流れ

1.ヒアリング
2.外部仕様書作成
お客様のご要求内容を概略仕様として纏めた仕様書を 作成します。
3.内部仕様書作成
詳細レベルのRTL図やタイミングチャート、動作説明を記載した仕様書を作成します。
4.RTLコーディング
内部仕様書に基づき、お客様ご指定の設計言語(Verilog、VHDL、 SystemーCなど)で論理記述を行います。
5.検証仕様書作成
外部仕様書と内部仕様に基づき、入力信号を定義した上で 出力信号の動作仕様を定義します。 その後、期待値の定義も行います
6.シミュレーション
検証仕様に基づいたテストベンチを作成しRTLシミュレーションを実施します。
また、お客様ご指定のシュミレータに対応することも可能です。
7.FPGAマッピング
外部AC特性やFPGA内部のタイミング制約を定義し、マッピング条件に反映した上でマッピングを実施、タイミングを満たしているかの確認を行います。
8.実機評価対応
実機にて仕様を満たしているか確認を行って頂き、修正・変更が必要な場合は対応致します。 また、お客様の実機をお借りして弊社にて動作確認を行うことも可能です。
9.納品

受託開発実績

用途
 車載画像認識用画像処理FPGA設計
機能
 ・最高動作周波数396MHz
・CCDカメラ4台の画像補正。
・文字,バーコード生成。
・CCDカメラ4台、Video2台、文字、バーコードを重畳してHDMIから出力する。
開発工程と内容
仕様決め
お客様からの機能イメージから実際の機能や構成を検討します。
機能仕様書作成
お客様からの機能イメージを文書化します。
機能、動作周波数、演算器、充分に検討し、それを文書化する事で検討違いや検討不十分な部分を洗い出します。
機能仕様書レビュー
機能仕様書を元に設計内容をお客様にご説明し、お客様の要求する機能と認識違いが無いか確認します。
コーディング
内部仕様書を元に、HDL(verilog-HDL/VHDL)記述を行います。
機能シミュレーション
テストベンチを作成し、シミュレーションを行い確認します。
マッピング
機能に問題無しとなったHDLソースをFPGAマッピングします。
このとき、最高動作周波数が守れ、周辺デバイスとのAC特性が満たせているかをタイミング解析結果及び
タイミング制約を実施し、収束させます。
実機評価
実機での動作確認を行います。
効果
 お客様の簡単な機能イメージでも具体化し、短期間で実機動作まで行う。
PAGETOP