expand_less
メインビジュアル

FORUM

【活用・展開】AP0003 イライラ棒


Warning: Undefined array key 0 in /home/mgic/m-gic.com/public_html/wp/wp-content/themes/dc_mgic/single.php on line 36

Warning: Attempt to read property "cat_name" on null in /home/mgic/m-gic.com/public_html/wp/wp-content/themes/dc_mgic/single.php on line 36
1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #2191
    MGICお客様窓口
    メンバー

    E-StationとArduino UNOを用いた追加の実験テーマを掲載します。
    ぜひチャレンジしてみてください。

    【作成例】
    ap0003_arduino_bargame

    【タイトル】
    イライラ棒

    【内容】
    金属の輪にコース配線を通した状態でスタートボタンを押し、
    輪がコースに触れないようにゴールまで運ぶゲームです。

    途中でコース配線に触れるか、ゴール配線に触れるとゲーム終了となり、
    それぞれ対応したメロディがスピーカーから流れます。

    また、Arduinoと接続しているPCでシリアルモニタを開くと、
    スタート~ゲーム終了時までの測定タイムが表示されます。

    この実験回路はE-Station付属の電子パーツで作成を行えますが、
    金属棒・コース用配線・Arduino UNOは付属しておりませんので別途ご用意ください。

    当サンプルスケッチでは‘A tiny MML parser’をMITライセンスに基づき利用しています。

    ‘A tiny MML parser’
    Copyright (C) 2014-2015 Shinichiro Nakamura
    http://www.cubeatsystems.com/firmware/tinymml/
    Released under the MIT license
    http://opensource.org/licenses/mit-license.php

    【別冊テキスト・プロジェクトファイル】
    ap0003_arduino_bargame

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。

RECRUIT

「出会いを大切に」
人材を求めております

CONTACT

設計案件や製品などに関するお問い合わせを受け付けております。

お電話でのお問い合わせ

06-6195-8680

平日9:00~18:00(土日祝除く)